メニュー

電力自由化とは | 電力ナビ(関東版)

電力ナビ(関東版)

電力自由化について

電力自由化とは

電力自由化って?

これまで家庭や商店向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)だけが販売しており、家庭や商店では、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。

2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化されることにより、家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになります。  つまり、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになるのです。

 

 

電力自由化の歴史

電力自由化の歴史

 

電力会社を切替えるメリット

メリット①

多様な料金メニューの中から自分のライフスタイルに合わせたプランを選べることで電気代の削減が見込めます。
また、電気・ガス・携帯料金などのセット割引や、ポイントサービス、家庭の省エネ診断サービスなど、多様な新しいサービスが提供されます。

メリット①

 

メリット②

メリット②

太陽光、風力、水力、地熱などの再生可能エネルギーを中心に発電を行う会社から、電気を購入することも可能になります。

 

メリット③

近くの自治体が運営する事業者から電気を買うなど、電気の地産地消も可能になります。また、お住まいのエリア外で発電された電気の購入も可能となります。

メリット③

 

電力会社を切替えて大丈夫?電気供給の仕組み

従来の地域の電力会社の送電線網を利用して各ご家庭にお届けしますので、お客さまが受電される電気の安全性・信頼性はこれまでと変わりません。 万が一、新電力会社の発電所が停止したり、トラブルがあったりした場合も、地域の電力会社とのバックアップ契約や卸電力市場の活用によって保護されるため、普段と同じように電気を使用することができます。

 

電力会社を切替えて大丈夫?電気供給の仕組み

 

電力会社比較ランキングはこちら!